3Dプリンター体験イベント2014年05月31日 16:44

今回は、3Dプリンター体験イベントのお話です。

先日、桐蔭特許翻訳講座の講師である水野さんのご案内を頂き、3Dプリンター体験イベントに参加してきました。場所は、農工大の多摩小金井ベンチャーポートで、3Dプリンター研究所の山口修一氏による講演と3Dプリンターの造形デモが行われました。講演のタイトルは、「デジタルものづくり革命最前線」で、インクジェット技術の開発から3Dプリンターへの展開までを分かり易く説明して頂きました。

3Dプリンターは、四半世紀前から実用化されていましたが、1台数千万円以上もする高価な装置であったため、一般にはあまり知られていなかったようです。しかし、最近、1台7万円程度の装置が売り出され、個人ユーザーの注目を集めています。

3Dプリンターの出力例として、小さなフィギュアから家の建設までも紹介されました。最も応用が進んでいるのが医療分野で、人口骨や手術シミュレーション用の臓器模型、歯科矯正用マウスピースなどが実用化されているそうです。

これからは、3Dプリンターの普及により、ものづくりが大きく変わっていくと予測されています。複雑な組立品でも、設計用データがあれば、組立コスト不要で「もの」が作れてしまう時代がそこまで来ている実感がしました。

以下に、比較的安価な3Dプリンター2台と各種の出力サンプル、および参加者全員がお土産として頂いた歯車の出力サンプルの写真を示します。

 

 

3Dプリンターその1)

3Dプリンターその1

 

3Dプリンターその2)

 

3Dプリンターその2

3Dプリンター作品その1)

3Dプリンター作品その1

 

3Dプリンター作品その2)

3Dプリンター作品その2

 

3Dプリンターおみやげ)

 

3Dプリンターおみやげ




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pat-trans-freelancer.asablo.jp/blog/2014/05/31/7331632/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

ぺそぎん メモ帳 MEMO